革靴のお手入れの話


お手入れ前の状態(ホコリ・白い汚れ)


革靴は普段履いている方もおられるので、お手入れの方法についてはご存じの方もいらっしゃると思います。

仕入れた際の状態はこんな感じです。


全体的に埃がついてます。インソールのかかとの部分にも埃がありました。

少しはリサイクルショップの店員も仕事しろよな! って思いますが、ボロボロだから安く仕入れられます。


仕入れ値は200円でした。


値札の右側に、少し白い汚れがついています。


以上を、スウェードのお手入れのときと同様に、まずは全体をパタパタ(クイックルワイパーみたいなヤツ)ではたきます。




スウェードのお手入れの話はこちらです。

パタパタではたくと、埃は取れるので、その後、濡れたマイクロファイバーで拭いていきます。



マイクロファイバーが最強という話はこちらです。

値札の右側の白い汚れだけ、中性洗剤入りのウェス(100均とかで売っているヤツでなんでもいい)でこすりながら落とします。


お手入れ後のビフォー・アフター


Before
After

一応、インソールの埃も取れました。

濡れたマイクロファイバーだけでこんなに綺麗になります。

靴クリームとか油みたいなクリームを使う人もいますが、革自体細胞で油が内包されているので、濡れたマイクロファイバーでこすれば油もにじみ出て同じ効果が得られます。
もし、傷が付いていて、色が抜けている場合のみ、同じ色の靴クリームを塗ればキレイになるでしょう。


Before
After

後ろもキレイになり、黒光りしています。

Before
After


中まで濡れたマイクロファイバーを入れ、キレイにしました。

Before
After

白い汚れも取れました。中性洗剤入りのウェスは100均で売ってるやつで台所用でもなんでもいいです。中性洗剤が入っているのが目的なので、あまり問いません。

マイクロファイバーを知ってからはほぼマイクロファイバー一択です。

なんだったら、パタパタもマイクロファイバーの乾拭きで代用できるので、乾拭き後の濡れ拭きでやれば1枚で済むかもしれませんね。

私も昔は靴クリームとか栄養クリームを使っていましたが、革自体が細胞で油が内包していることと、乾燥してダメになってしまったら塗ると思いますが、日常的な使用でそんなにダメになった経験がないので、いらないと思います。

油は別に靴クリームじゃなくても、たとえばシリコンスプレーのシリコンとかでも代用できますし、防水効果を期待できます。

売上実績


200円で仕入れ、2.100円でようやく売れました。

送料は60サイズで700円かかり、販売手数料10%の210円が引かれ、

 2.100-210-700-200=990

粗利は990円です。

靴の場合、送料がかかるのが難点ですが、粗利で990円は大きいです。

粗利が重要って話はこちらです。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m