【自作で梱包】60サイズのダンボールを自作する方法の話(3)【スニーカーBOX 編】


スニーカーボックスを自作する



ユナイテッドアローズのブーツが売れました。

ちょうどダンボールの60サイズを切らしていたので、自作します。

Amazonとかで定期おとく便で届くダンボールを加工したいと思います。


初めにダンボールのサイズをはかります。

三辺の合計がサイズ


三辺の合計が60cmを超えていたので80サイズとなります。

ってことは送料が800円かかるので、700円におさめたいので60サイズへ加工する必要があります。


ブーツを中に入れ、つま先の部分から直線にカッターで切れ目を入れます。

同様に、靴底の部分から横へ直線でカッターを入れます。


縦と横にカッティングしてゆきます。


ブーツを入れて箱としておさまるか確認し、確認後ガムテープでサイドを止めます。


サイドを止め、裏返すとカットした分、フタの部分が長くなっているので、フタ分を作るために裏返したところでカッターで切れ目を入れ、折り目をつけます。


フタになったところでフタの折り目に当たる部分にカッターを入れ、折り目をつけます。


余白に緩衝材を入れ微調整


靴の中にはこの緩衝材を使用します。おなじくAmazonで入ってきたものです。


んで、フタの部分とサイドの部分に折り目がついています。

フタと接触して傷にならないように、紙を表面にかぶせます。


フタを閉じたら出来上がりです。

このようにAmazonのダンボールからスニーカーBOXが自作で作成できます。

カッターでのカッティング作業だけなので、簡単に作れちゃいます。

とくにブーツとかスニーカーであれば縦と横、高さかどっちか2点ぐらい合えば加工なんで簡単です。

以上、いつもお読みいただきありがとうございます。




を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。


コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m