【考察】粗利と送料についての考え方の話


メルカリをやっていて痛感するのは送料の考え方の話です。

んで、送料って実際払ってみると分かりますが、ネットショッピングとかいろんなところで取られます。

んで、基本、送料無料なところが多いので難しいところなんですが、実際、送料が払われないとヤマトさんとか佐川さんを運営していくのは無理なんですよね? 当たり前の話ですが…。

んで、メルカリって着払いとかもあるんですが、やっぱ基本はらくらくメルカリ便と言いますか、匿名配送をオススメいたします。

んで、自分もやっていて分かるのですが、あまり住所を教えたりとかってトラブルの元になったりするんで、できればらくらくメルカリ便の匿名配送の方が購買に結びつきやすいんだと思います。

んで、着払いや元払いにしても住所を教えたり、住所を記入したりっていうのも手間だったりします。

んで、らくらくメルカリ便ってメルカリが用意してくれた物流サービスなんでてっとり早く、かつ売るのに特化できるサービスだと思います。

同じくゆうゆうメルカリ便ってあるんですが、でも郵便局だと土日休みなので、まぁ、ローソンなんかだと土日関係なく発送できたりするんですが、利便性を考えるとやっぱヤマト運輸が提携するらくらくメルカリ便に軍配が上がると思います。


んで、送料って最安で195円、次が380円で覚えやすいです。

んで、実際、売れるのはこのサイズで売っていった方が粗利の計算も簡単ですし、何よりも粗利が取りやすいです。送料が低い分…。


んで、この上が700円からになるんですが、スニーカーとか靴がこれに当たります。あとリュックとかですかね?

でも、送料で700円から1,000円かかると、かなりの金額が送料で圧迫されるので見極めが極めて重要になります。

なので、スニーカーとか靴、リュックに関しては仕入れの際も、仕入れ値に700円から1,000円プラスした値段が最低販売金額となるんで、ど~しても1,000円以上の金額を目指すことになり、難易度が一気に上がってしまうので、あまりオススメしません。

なので、商材でスニーカーや靴とかリュックはお買い得感があったとしても、少しめんどくさいと言うか、けっこうなリスクを取らないと仕入れる気持ちにならないというか、気が重い感じになると思います。

なので、基本、封筒におさまるサイズを考えてみて、んで、厚さが2.5cmであればネコポスでいけるのでそういう商品をメインに販売した方が稼げると思います。

んで、それプラス、若干厚みがある感じでコンパクトboxであれば380円ですが、でもこれって別にコンパクトboxを70円で購入しなければならないので、実質は450円かかっていることになります。

ネコポスは何も買わなくていいので、封筒でも封筒じゃなくても大丈夫なんですが、ネコポス以上になるとコンパクトboxで70円とられますし、ダンボールもそれぐらいかかってしまいます。

なので、一番はネコポスをメインで仕入れなり、不要品を販売する考え方の方が損はしませんし、最も効率のよいメルカリライフになります。

これをスニーカーや靴、リュックなんかに手をつけ始めると、目論見で1,000円以上と思ってもなかなか決まる金額って分からなかったり、下がり過ぎれば送料がネックになり、そんなに粗利が出ない場合も想定されるので、よほど確実な目論見と知識がないと手を出しません。

んで、送料の関係で、一応、商品保障もあったりするので、高額商品はそれなりの便を使用した方がいいのもお伝えしておきます。


万が一はない方がいいですが、配送上の事故も遭った場合、商品補償ってけっこう重要になってくるので、ネコポスは3,000円を補償対象としますが、それ以上の場合は、2.5cm未満であっても金額上、3,000円とか超えるのであればコンパクトboxを利用するのもリスクヘッジとしては重要な考え方になります。コンパクトboxは30.000円までを補償対象とします。

郵送や配送は届いて当たり前ですが、万が一の場合を考えて、送る前に商品補償も調べておくことをオススメいたします。

以上、粗利と送料についての考え方の話でした。



を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m