メルカリでポーターの折り財布を1800円で売った話


ポーターは根強い人気ブランド


ポーターが売れる話はこちらでしました。

ポーターは根強い人気でカバンや財布が人気だったりします。

90年代に出てきたブランドで吉田カバンと言われていて、キムタクブームに乗って流行りました。

なかでもキムタクが着用していたポーターのタンカー3wayは今でも人気があります。


ブリーフケースでも利用でき、リュックにもなる優れものです。

なので、ポーターと名のつく物はなんでも売れます。

一種のブランド信仰に近いものがあります。

思考停止なので何でも売れるワケです。

財布やバックが売れ筋



ただポーターと言えども一定の基準はあって、

財布であれば、1.000円から2.000円

バックであれば、6.000円から20.000円

がよく売れる価格帯だと思います。

素材的にはタンカーが人気で、その他にレザーなんかもあります。

その辺は吉田カバンやポーターの歴史を勉強する必要がありますが、リアルタイム世代であれば大体タンカーを抑えれば大丈夫です。


こちらの商品は300円で購入しました。

タンカーの方が売れるのですが、コンパクトウォレットもキャッシュレスの流れによって売れ筋の商品になりました。

私的にはキャッシュレス時代になるので、これからはどちらかと言うと長財布や折り財布よりコンパクトウォレットやコインケース、マネークリップなんかが売れていくと思ってます。

なので、もうあんま長財布とか折り財布は買わない方がいいです。多分、使わなくなったとしても売れなくなるんで…。


コンパクトウォレットなので、だいたい1.000円から2.000円を目安にして販売してゆきます。

もちろん、最初は2.800円とか、2.500円ぐらいから出品を開始し、週末に100円ずつ値引いたり、いいね!やコメント数に応じた戦略が求められます。

ポーターは比較的いいね!のつきやすい商品なので、早いうちから見られる商品になります。

いいね!の数が多くなった段階で値引きを行えばいいね!をつけたお客さんには通知がいく仕組みです。

ポーターはけっこう検索されますし、探される商品なので急がなければ黙っていても売れます。

過度な値引きは不要ですが、まったく値引かないのも売れない可能性があるので、状況に応じて価格はメンテナンスしていくことをオススメいたします。

ポーター 折り財布の販売実績


2.500円から2.000円に値引きし、1.800円で売約にいたりました。


商品名
PORTER ポーター 折り財布 コインケース
商品代金
¥1.800-
いいね!3 コメント6

購入先
セカンドストリート
購入代
¥300-


販売手数料 ¥180-
配送料 ¥195-
販売利益 ¥1.425-
粗利 ¥1.125-

多分、2.500円でも売れていたろうし、2.000円でも販売できたと思います。


ですが、在庫も金額なので、早目に売って次の仕入れに備えた方がお得だと私は考えます。

一つの商品の一つの粗利にこだわるあまり、あんま値引きしないとほかの商品が売れなくなったり、次の仕入れに響いたりします。

なので、商品は初動が大切というか、およそ2週間から1か月で販売するようにしています。

流行の鮮度もそうですし、春夏や秋冬の鮮度もございます。

あまり長々やっていると、オールシーズン使える物でもやはり流行や鮮度は若干変わってきますので、その鮮度管理は極めて重要だったりします。

場合によっては、前回売れていた金額も、時間が経てばメルカリの場合、前回金額同様に再現できない場合もあるからです。

以上、いつもお読みいただきありがとうございます。




を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m