メルカリで 岩城滉一 のケーズゲームのデニムを根強い信者に2500円で売った話


セカンドストリートのセールの話はこちらでしました。

1.000以下の商品が50%になるときがあって、そういう時ってお得なのでガンガン購入してきてます。

普段から仕入れの関係上、けっこう見たりしているのですが、意味不明のブランドがあったり、謎ブランドは調べるのが面倒なのでスルーする場合があります。

ですが、1.000円以下の商品が50%になる際は別で、購入してから調べて販売することがあります。

新品・未使用の商品とか、何か高そうだな?って商品は、ぶっちゃけ安く仕入れられたら儲けられる自信はあります。

メルカリを利用していれば分かるのですが、自分で利用していて欲しくなる商品の共通事項を分析できれば、売れる秘訣が分かります。


たとえば、新品・未使用であったり、タグ付きの商品だったり、箱まで付いている商品だったり、保証書がついている商品だったりします。

ですが、これらは基本的に商品とはまったく関係がないのに、付いていると嬉しい物だったり、プレミア感満載と言いますか、高そうに見えるアイテム群だったりします。

逆に考えれば、これらに欠けている商品は、商品だったとしてもそれらが付いている商品には及ばないと言う事実です。

なので、メルカリではブランド品の空箱とかも売られてますし、紙袋なんかも売られています。

極端な話、見栄えさえよければ商品がどうであろうと何とかなるという話ですらあります。

たとえば想像すると分かりますが、プレゼントだとしてただボンッって物だけ置かれれば雑過ぎてドン引きしてしまいます。

ですが、キレイに包装され、包装紙をはがすと箱があり、その中からプレゼントが出てくると、同じ値段と言えども商品と対面する際の演出が違うので、ただボンッって物だけ置かれた商品より高く見えてしまうという喜劇だったりします。

これは多分、人間の心理の問題だと思っています。

こちらのデニムは500円の50%offで250円で購入してきた物です。


ですが、タグ付きでタグに18.500円の値段があったので、何か高そうな予感がします。

いろいろ調べた結果、ケーズゲームというブランドで岩城滉一がプロデュースしたブランドのデニムであることが判明しました。

ある意味、お宝発見!と言いますか、高そうな商品にある種のお墨付きまで加わったのです。

信長が征夷大将軍を頂いて京に上洛する感じです。多分…。

お墨付きという援軍も加わり、出品したところ2.500円で売約にいたりました。


商品名
K'sgame ケーズゲーム 岩城滉一 30 タグ付き
商品代金
¥2.500-
いいね!6 コメント5

仕入れ先
セカンドストリート
仕入れ代
¥250-

販売手数料 ¥250-
配送料 ¥380-
販売利益 ¥1.870-
粗利 ¥1.620-

探していた人は多分、タグ付きだけで嬉しいと思いますし、タグが付いているということは新品・未使用を意味します。

非常に熱い商品となります。

こういう希少性と言いますか、非常にレア感なプレミア感満載な商品は、買う方としてはありがたく、ついつい高くても買ってしまいます。

少なくとも同じ商品が同じ値段であればタグ付きの方を買ってしまうと思います。

でも、冷静に考えてみると、正直、タグって商品と何も関係ありませんし、買った人も届いて開封して履く際に切ると思うんですがね…。

ですが、大好きな人にとってはこのタグを切るという行為も重要なのだと思います。


デニムを履くための通過儀礼のイニシエーションと言いますか…。このデニムとの物語のはじまりなのです。多分…。

よく説明がつきませんが、私ももし買うとした際、タグ付きを購入しますし、タグをすぐに切ってしまうと分かっていても、タグ付きを買ってしまいます。

もちろん、本当に好きな人でタグ付きのまま保存版として取っておく人もいると思いますが…。

事実、私も小学生の頃、旅行に行くたびにキーホルダーなんかを買っていましたが、使わないまま机の引き出しに大切にしまっていた過去があります。

それは多分、商品としてというよりは思い出としての消費の意味合いが強いのだと思います。

冷静に考えると、使わないのにキーホルダー買ってバカじゃね?って思うのですが…。

鍵っ子でもないのに…。

鍵なんて一つも持ってないのにね…。

あっ、チャリの小さな鍵は一つ持ってました!

以上、いつもお読みいただきありがとうございます。


  • VCDBMF


を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m