メルカリで伊丹十三の映画パンフレット 6冊セットを2100円で売った話


映画パンフレットの売り方


ブックオフなんかでは映画のパンフレットが100円で買えたりします。

昔は映画を見に行くたびにパンフレットを買ったり、グッズを買ったりしていましたが、最近では映画を見に行くこと自体なくなりましたので、AmazonプライムやNetflixが時代の流れなのだと思います。


ですが、この映画を観に行ってパンフレットを買った経験というのは残っているので、少なくとも同じような経験をしている人には販売できるという利点があります。

別に映画は見れればいいと言う人は別です。

ですが、昔の映画では映画の評論家もいたぐらいさまざまな評論があって、さまざまに論じる人がいたものです。


そして、映画を作るための製作秘話や映画製作の苦労話みたいなものも知りたい人は知りたかったりします。

その点の欲求を満たしてくれるのが映画のパンフレットだと思います。

黒澤明や小津安二郎、深作欣二や大林信彦など、有名な監督であればあるほど映画のパンフレットは高く売れると思います。

要は知りたいという欲求を満たしてくれるものなので、その方面からアプローチすれば何でも売れる予感はします。

伊丹十三 映画パンフレットの販売実績



こちらの商品はまとめて6冊で2100円で売約にいたりました。

商品名
【激レア】伊丹十三 作品 映画 パンフレット 6冊 セット
商品代金
¥2.100-
いいね!3 コメント0

仕入れ先
ブックオフ
仕入れ代
¥600-


販売手数料 ¥210-
配送料 ¥195-
販売利益 ¥1.695-
粗利 ¥1.096-

1冊当たり350円の計算です。

コミック並みですよね?

もちろん監督で出品してもいいですし、俳優さんや女優さんの代表作で出品してもいいと思います。

要は監督なり俳優さんなり女優さんに興味があり、かつ、知りたいという欲求に応える商品です。

昔の映画であればあるほどレア度も上がり、入手困難なだけで価格は高騰してまいります。

Amazonプライムでも放送されますし、Netflixでも放送されます。

それを見た人たちが欲しくなるような商品が売れる商品だと思います。

以上、伊丹十三の映画パンフレットを6冊まとめて出品して2100円で売るコツの話でした。


  • VCDBMF


を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m