メルカリの作業手順についての話


作業効率を考えて作業手順を考える


メルカリで商品を出品して販売する場合、できるだけ作業手順を減らす方法をオススメいたします。

作業手順は一気にやってしまった方が一発で終わるため、その後の作業も楽になったりします。

そのためには常日頃、作業手順を考えて、作業の効率化に努めることが重要です。

よけいな物を使わずによけいな手数を減らす


私の場合はできるだけ梱包資材を使わないようにするため、リサイクルショップで買った際の透明な袋をジップロックにまとめて取っておいたりしています。

透明な袋はA5サイズやA6サイズなどさまざまありますが、それも仕分けを始めると仕分けが仕事になってしまうので、とりあえず全部まとめてジップロックへ入れてしまいます。


また、ZOZOタウンで買い物をしたり、Amazonで買い物したりした際のダンボールもとっておいて、それに在庫の商品をいれたりしています。


オススメの作業手順について


はじめに商品を用意し、梱包を始めます。


その際にジップロックから透明な袋を取り出し、適当な袋で梱包します。


棚から下げる穴が付いてる袋は穴部分をカットすれば使えるので、穴部分だけカットをします。


透明な袋へ入れて茶封筒へ入れれば、茶封筒が壊れないかぎり商品が汚破損することはありません。

精密機械や衝撃が加わったら大変な物だけプチプチを使用いたします。

茶封筒もAmazonで購入した物をとっておいて使う場合もあります。

コンパクトBOXはヤマト運輸提携のサービスなので再利用ができないため、とっておいても使えません。別途70円で新規に購入してください。

こうやって写真撮影後に梱包を済ませておけばあとは発送を待つだけの状態が作れます。

分かりやすいように付箋に商品名を書いておけばすぐに取り出して発送することができます。


この付箋に書く商品名も自分が分かればいいので、商品名を正確に書く必要はありません。

たとえばアディダスピンでも言いワケなのです。

細かなことにこだわったり、几帳面に始めるとどんな仕事も遅くなるものであったりします。

今必要なことだけやるのが仕事が早く終わるコツです。

はじめは透明な袋も細かに仕分けしたりしてましたが、仕分けが仕事ではないので止めました。

写真撮影後に出品してそのあと商品をしまってしまうと、梱包する際に探したり、梱包資材も探したりと始めるため、そこは一気に梱包してしまった方が結果は早く終わります。

いろいろと試行錯誤した結果この状態に落ち着いたので、出品後は梱包して在庫管理する方法をオススメいたします。

以上、メルカリの作業手順についての話でした。




を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m