メルカリで売るためのiFaceを攻略する話


iFaceを安く仕入れて高く売る


スマホケースは地方のリサイクルショップだとあまり売れないので安く手にいれることができます。

近所のセカンドストリートやブックオフプラスでは100円から300円ぐらいで入手できるので、あれば買いだと思います。

そこでこのiFaceを攻略すればかなりの売上達成が可能なのでifaceの攻略方法をまとめたいと思います。

iPhoneの形状とiFaceの形状


まずは形です。

iPhoneの形でifaceも流用して使える形があります。


  • iPhoneXとXSは流用が可能です。
  • iPhone7と8も流用が可能です。プラスも
  • iPhone6と6sも流用が可能です。プラスも、
  • iPhone5と5sとSEも流用が可能です。


カメラ穴とイヤホンジャックの違い


簡単な違いもあります。



  • カメラの穴が縦の場合、iPhoneXかXSかXRです。



  • カメラの穴が横の場合、iPhone7か8か6または6sです。


  • イヤホンジャックの穴がついているのがiPhone6または6sです。


このように分類すれば大まかな見分け方は可能になります。

最新のiPhone11はカメラ穴が四角です。


もちろん最新機種のiFaceは高く売れますし、すぐ売れます。

ですがその分、リサイクルショップで出回る可能性は低くなります。

なので、それ以外の機種にお目にかかる可能性の方が高いのです。

縦のカメラ穴であればiPhoneX、XS、XRであるので、比較的高く販売できます。

横のカメラ穴であればiPhone8か7、6sまたは6なので1500〜800円が相場といったところです。

もちろん古くなれば古くなるほど売れにくいので、売れにくい商品は買わないが正解です。

私はよくiPhone8やiPhoneXSを販売しています。

その商品がもっともよく売れます。持ってる人が多いからです。

逆に言えばiPhone7のケースはかなり前に販売されていますが、iPhone8でも使えるのでかなりのお買い得となります。

とくにブランドのネームバリューがあるケイトスペードなんかはiPhone7用で仕入れてますが、出品・販売の際はiPhone8で出品・販売しています。



iPhoneXSも同様で、iPhoneXのケースはかなり前に販売されてますが、iPhoneXSでも使えるのでかなりのお買い得となります。

iFaceだとクラシックもあり、デザインが変わらない物もあるのでそういった定番商品であればより売れやすくなります。

逆に、ケイトスペードのようなブランド品であれば、使う人を選びますし、出品カテゴリーもレディースにしないと売れません。

それぐらいブランドは誰に向けて販売するか?がより強く問われることとなります。

またブランドによってはブランドイメージの悪いブランドもあるので、それらはやはり売れにくくなります。

一番無難なのはiFaceのクラシックでデザインが変わらないため売れないことはありません。

値引きしなくてもある程度の値段であれば黙っていても売れる商品です。

この機会にあなたも近所のリサイクルショップで探してみませんか?
うまいこと見つけられればちょっとした小遣い稼ぎにはなると思います。

以上、いつもお読みいただきありがとうございます。




を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m