メルカリで金子眼鏡を8000円で売った話


売上が落ち込んだときの考え方


新型コロナの影響で売上が落ち込んでおります。


売上が落ち込んだときの考え方としては、


  1. 客単価を上げて客数をしぼるか?
  2. 単価を下げて客数を上げるか?


の二択であったりします。


すなわち、


  1. 少数精鋭か?
  2. 薄利多売か?


です。


この辺はギャンブル的な要素も十分ございますが、客単価を上げてみたいと思います。



金子眼鏡が1380円で仕入れられました。


失敗したらお母さんど〜しよ〜案件です。


単価を上げたい場合は一般に仕入れ値も上がります。


100円の商品を10個売るのを1000円の商品を1個売るに変換するからです。


なので、1回売ればいいのです。


楽です。



しかし、本当に売れる物を仕入れないとその1回売るチャンスは二度と来なかったりします。


ですが、金子眼鏡は絶対売れます。



だって、オレも欲しいもん!


金子眼鏡の販売実績



8000円で売約にいたりました。


商品名

金子眼鏡 ユナイテッドアローズ セルロイド メガネ

商品代金

¥8.000-

仕入れ先

ブックオフプラス

仕入れ代

¥1380-



販売手数料 ¥800

配送料 ¥195

販売利益 ¥7.005-

粗利¥5.625-


欲を言えば12000円か10000円を目指してましたが、8000円のお値引きの提案がきたので、それに乗っかり売約済みです。



不景気なので欲張らないが基本です。


売れるときに売った方がいいと思います。


売れないときは売れる方法を考えます。


そのなかでも単価を上げる方法と下げる方法をお伝えしました。


今回は金子眼鏡で単価を上げましたが、それと並行して、単価を下げてたくさん販売しています。



単価の高い商品は仕入れ値も高いので、早めに販売しないと在庫金額を圧迫してしまいます。


これはけっこうなダメージになりますので、確実に売るようにしたいところです。


以上、いつもお読みいただきありがとうございます。





を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m