メルカリ日記 いいね!から考える メルカリの商品価格の決まり方


メルカリでの商品の価格はそのときどきによって違う参考価格


メルカリで売れる商品を探すのが難しかったり、


価格の決め方がわからない人がいたりしますが、


その場合の考え方の話をします。


メルカリでは、


  • 欲しい商品が売れますし、
  • 欲しい人が多い商品が高く売れます。


それは


  • 欲しい商品は欲しいのですぐ売れますし、
  • 欲しい人が多い商品では価格が高くても買われる


からであります。


その要素にはブランドであったり、デザインもありますが、


多くは人びとの決めるところであるので、


これといった特徴はなかったり、


  • そのときどきによる


というのが実感であります。


そこで本日はその中でも、


比較的参考にしやすい考察の仕方


をお伝えしてまいります。


他の出品者が出している商品といいね!と販売金額を見て自分の出品した商品の見直しをはかる


メルカリにはいいね!の機能があって、


ブックマークのような機能で使えます。


そこで私の場合は、


  • 売る商品や欲しい商品


の参考として、ある程度のカテゴリー化をはかります。



  • キャップであれば緑のキャップであったり、
  • カードケースであればカードケースだけ


で何点かいいね!をして、


  • いいね!の数や
  • 販売時の金額


を学習します。 



それを毎日見ていれば、


たとえば値段が下がってきて、


  • 何円からいいね!が増えたり、
  • 何円の時に販売されたか?


非常に参考になるからです。


  • 人の振り見て我が振り直せ


と言うように、


  • 人の売り見て我が売り直せ


です。


メルカリではある程度の金額でいいね!が増え、ある程度の金額で買われる


もちろん、高い金額の商品や安い金額の商品でそれぞれ違いはございますが、


  • ある程度の金額でいいね!が増えたり、
  • ある程度の金額で買われる


のに違いはありません。


それを観察してゆくとき、


自分の出品した商品のいいね!数や金額


を手直ししたりしています。


反応が変わっていたり、


思ったようなリアクションでない場合、


このサンプルを変えて手を変え品を変え、


考察を続けます。


メルカリで売れない理由の多くは、


  • 高く売りたかったり、
  • 値段を下げたくない


場合がほとんどです。


  • ですが、よーく考えてみてください。


売れなければお金になりません。



  • 捨てる商品であれば別ですが、
  • 売ってしまいたい商品であれば、
  • 買いたい人の金額が正解


です。


その正解を出さないかぎり、


  • あなたの方が間違い


であるので、


  • 価格を見直さなければ売れません。


しかし、より高く売るために、


同じようなサンプルや、


違ったサンプルに当てはめて、


価格を推敲してゆくイメージです。


ジャンルを変えたり、


値段を変えたりしてゆくうちに、


いいね!も増えますし、


閲覧数も上がってきます。


それは見ている実績と気になっている実績です。


それらがたまらないことには販売に結びつきません。


そらぐらいいいね!の数は重要である気がしています。


それは誰かの商品や他の何かの参考にされている実績になっているからです。





を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m