メリカリ日記 出品した商品 VANQUISH(ヴァンキッシュ) サングラス

 

人気ブランドは関連のブランドも高く売れる


VALUというビットコインのマイクロトレードで石川 涼さんを知った話はこちらでしました。


  • 出品した商品 FR2 INSIDER CLUB(インサイダークラブ) VALU(バリュー) 優待 ジャージ


FR2で有名になりましたが、


以前はバンキッシュというブランドも手がけていて、


そちらのブランドも人気が高くなってきています。


日本ではブランドのデザインよりも、


  • 有名なデザイナーや、
  • 有名な仕掛け人


を追いつづける傾向があって、


であれば今人気のブランドでも、


その人が以前、関わったブランドも人気が出てくると私は考えます。


希少やレア、激レアとたたみかけることによって希少性が増すマーケティング戦略



こちらの商品は900円で購入できました。


石川涼さんが手がけていたVANQUISH(ヴァンキッシュ)というブランドのサングラスです。


それは石川涼さんという人物から、


FR2というブランドを知り、


その派生でヴァンキッシュというブランドを知るにいたった流れになります。


できるだけ関連づけて売りたいので、


  • 希少や、
  • レア


を多用し、希少性をアピールしてください。


  • 入手困難である


とか、


  • 激レア


とか、


  • 今買わないと、


  • いつ買うの?!


と言う仕掛けの状態を作ります。



これはビットコインと同じで、


  • 上がるかも知れない


や、


  • 乗り遅れるかも知れない


といった焦りが販売に結びつきます。


  • 今買わないと、


  • 二度と買えない


と思って、


後悔したくないので買ってしまいます。


VANQUISH(ヴァンキッシュ) サングラスの販売実績



5000円で販売できました。



サングラスであれば今はブルーレンズが売れ筋です。




  • 淡いブルーが人気


なので、その濃淡が分かる画像は写真に収めた方が迷いがなくなるので売れやすくなります。



お客さんの悩みや問題点をなくすような写真の撮り方がベストです。


それは買いたいと思ったときに、


すぐ買えるからです。


逆に、


  • 買いたい


と思ったときに迷いや問題点が生じて、


コメントをもらったり、問い合わせが発生して、


違った場合、


  • な〜んだ!


ってなってしまうからです。


せっかく買ってくれる気持ちになったのに、


そのときにイメージと違えば、


ギャップはより膨らんでしまい、


  • やっぱいいや!


ってなってしまうからです。



そうならないためにも、


  • 自分が買うとしたらどういう点を気にするか?


少なくともその迷いや問題点は解決して写真は撮影するべきです。





を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m