三島由紀夫ブームで売る! 週刊20世紀 学園闘争 三島由紀夫セット


テレビがスポットライトを当てると売れる仕組み


テレビで紹介される物は何でも売れます。



それはみんなテレビを見ていて、


  • 非常に関心が高い


からであると思います。


なにげなく過ぎてゆく日常や、


なにげなく見ていたニュースでさえも、


テレビがスポットライトを当てれば、


  • 思い出したか?


のように夢中になるのが日本国民の特徴である気がしております。


三島由紀夫が割腹自殺をしたとき、


人びとはあきれていたのですが、


  • 思い出したか?


のようにスポットライトを当てると、


深刻に考え始めたり、


歴史を再認証したりし始めます。




芸能人が問題を起こしたり、


亡くなったり


も、


亡くなったとたんにスポットライトを当てたりするので、


勝手なものであったりします。


ですが、人びとの関心が高いのと、


関心が高いということは、


売れるので、


売れればそれでいいのであります。


テレビで有名人が取り上げられるとき、関連する商品を抱き合わせれば絶対に売れる!




あるキーワードがあり、


それがスポットライトを浴びるとき、


関連キーワードもおのずと検索されます。


それは三島由紀夫であれば、


三島由紀夫に関するキーワードすべてが対象になってきたりします。


なので、多少どさくさにまぎれても、


関連キーワードは積極的に関連づけてゆくことにより売れやすくなります。



こちらは週刊20世紀と言う雑誌で、


三島由紀夫と学園闘争を扱ったセットです。



もともと関連がなかったのですが、


三島由紀夫と学園闘争を関連づけることにより、


セットにすることができました。




逆に言えば、



三島由紀夫で出ている物はすべて欲しくなる人もいるので、



積極的に露出してゆき、



積極的に写真に写した方が売れやすくなります。



週刊20世紀 学園闘争 三島由紀夫セットの販売実績



1400円で販売できました。



雑誌の売り方の特徴は、


見出しなり、


スクープ記事なりを積極的に写真撮影する方法です。



読者があたかも立ち読みをしているようなイメージで写真におさめてください。


または、電車の中吊り広告に見るようなセンセーショナルな記事の内容であればあるほど、


  • 思わず買ってしまう


ようになります。


それはいつも見つづけるからです。


テレビでも見て、


電車の中でも見れば、


ついつい買ってしまう


からなのであります。


そして、それが物珍しいかったり、


センセーショナルであればあるほど、


ついつい買ってしまう


ものだからです。


目次やセンセーショナルな記事はそういった作用を生んでいる


ものと思われます。


ある程度の有名人になれば、


  • やがて問題を起こしたり、
  • やがて亡くなったり


します。


それはもう可能性の問題です。


コロナ禍でその傾向はより強くなってきました。


と言うことは、さまざまな商品を買い貯めておけば、


  • そのうちの何人か?は問題を起こし、
  • 何人か?は亡くなってしまう


のかもしれません。


それはもう確率の問題だからです。


そして、亡くなったりすれば、


思い出したようにスポットライトを当てる


ので、売れやすくなります。



そのスポットライトも確率の問題なので、


あなたのお宝がやがて化けるときもくるのかもしれません。


そのためにテレビやニュースは見ておいた方がいいと思います。


それは宝の山だからです。


テレビやニュースで盛んに報じているのに、


  • 知らなければ売れない


ので、


  • それは機会をロスしている


とも言えます。




を入力して会員登録すると今なら500ポイントもらえます。

コメント

何位か覗いてみてください
よかったらポチお願いしますm(__)m